オピトモ

Opinion to Tomorrow

2013年発売の『トゥームレイダー』が850万本も売れている!世界での販売本数と比べてみた

スクエア・エニックスがプレスリリースで2013年発売の新生『トゥームレイダー』が850万本の大ヒット記録をしたと発表しました。
20131209_tr_def

『トゥームレイダー』は1996年から発売されているゲームのシリーズ。
第一作~6作目までは、Core Design社、7作目以降はCrystal Dynamics社が手がけている。
Crystal Dynamics社はスクエア・エニックスの子会社として制作しています。

トゥームレイダーとはどんなゲーム?

トゥーム(遺跡,墓)レイダー(侵入者)と言うだけあって、古代遺跡の探索がメイン。
雰囲気的には映画インディー・ジョーンズと似ています。
とある財宝や歴史的な謎を究明するために冒険していくような感じです。

今回の新生『トゥームレイダー』は、なぜ新生と言っているかと言いますと、過去作品はクローズワールドでしたが、新生トゥームレイダーではオープンワールドを採用している点、ナンバリングタイトルではなく「トゥームレイダー」というタイトル名だけにしてある点、主人公ララ・クラフトの初めての冒険で「銃で人を殺す恐怖感」を表したり、感情や内面を引き立たせるなど、大きくリニューアルしている。
映像や操作性などは、PS4/XBOX oneなどの次世代機仕様となるディフィニティブエディションなども登場し、新生トゥームレイダーらしい仕上がりになっている。
tomb_03
出典 : game.watch.impress.co.jp

ちなみに、この新生トゥームレイダーの舞台は『日本』です。
邪馬台国が日本の南の島に存在したという仮定の話で、日本っぽい情景がたくさんでてきますので、日本人ならニヤリとする内容もちょこちょこ出てきて馴染み深いです。

どんな動きをするゲームかは、YouTubeを見たほうが早いです。

0816f014a107a72fd99efa36985c75e4
出典 : www.jp.playstation.com

世界のゲームソフト販売本数比較

歴代のランキングで見てみると、850万本というのはちょっと霞みます。
ただこれはゲーム史に残るオバケソフトばかりです。

ランキング タイトル名 メーカー名 発売年 ハード 売上本数(万本)
1 Wii Sports 任天堂 2006 Wii 8249
2 グランド・セフト・オートV Rockstar Games 2013 PlayStation 3・PlayStation 4・Xbox 360・Xbox One 4500
3 スーパーマリオブラザーズ 任天堂 1985 ファミリーコンピュータ 4024
4 マリオカートWii 任天堂 2008 Wii 3553
5 テトリス 任天堂 1989 ゲームボーイ 3500
6 Minecraft マイクロソフト 2009 PlayStation 3・PlayStation 4・Xbox 360・Xbox One・Javaプラットフォーム・Linux・OS X・Windows 3300

出典 : wiki

これを2013年発売でリストにし直してみると、トゥームレイダーがベスト4に入っている事が分かります。

ランキング タイトル名 メーカー名 発売年 ハード 売上本数(万本)
1 グランド・セフト・オートV Rockstar Games 2013 PlayStation 3・PlayStation 4・Xbox 360・Xbox One 4500
2 コール オブ デューティ ゴースト アクティビジョン 2013 PlayStation 3・PlayStation 4・Xbox 360・Xbox One・Wii U・Windows 1900
3 ポケットモンスター X・Y 任天堂 2013 ニンテンドー3DS 1370
4 新生トゥームレイダー スクエア・エニックス 2013 PlayStation 3・PlayStation 4・Xbox 360・Xbox One・Windows 850
5 The Last of Us 2013 PlayStation 3・4 800

※The Last of Usは「リマスター版」を加算しています。

実際面白いの?

私もPS4版でプレイしましたが、めちゃくちゃおもしろいです。
最近のPS4の似たようなオープンワールドゲームですと、インファマスセカンドサンやウォッチドッグスなどがありますが、操作の楽しさ、謎解き、ストーリー、緊張感、どれをとっても一級品。アンチャーテッドと少し似ています。

終盤「これだけ敵に囲まれていて死なないララ・クラフトはすげーな」というよう場面を乗り切ったりするのは、B級映画的なノリですが、そこがまたゲームとして派手な演出で楽しめます。

まとめ

結論というわけではないのですが、『新生・トゥームレイダー』はじわじわと世界で売れているのも納得の面白さです。
ネームバリューはあるものの、なぜかあまりいままで注目度が低かったトゥームレイダー。
新生になって「お。面白いぞ」という評価が地道に付いてきた証拠だと思います。

私もPS4版でプレイしてから「すごい面白いという評判は聞かないけど・・・なんでだ?」と思ったのですが、実は850万本も売れていたと知って、「やっぱり世界はきちんと評価するんだな」と納得でした。

PS4/XBOX ONEを持っている方、是非一度プレイしてみたください。
中古なら3000円くらいなので絶対損はしないですよ。

ちなみに次回作も既に予定されていて、「ライズ オブ トゥームレイダー」というタイトルです。
新生トゥームレイダーの正統続編で、まずはXBOX oneの独占販売となります。PS4版はある一定期間後に販売開始との噂です。
(マイクロソフトとの契約で、PS4版があるとは言えないんですね・・・独占タイトルが欲しいマイクロソフトの戦略で。)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top