オピトモ

Opinion to Tomorrow

初島で陸っぱりからキロアオリ! エクシブ初島泊まったついでにエギングしてきた

ちょい前ですが、熱海にある初島旅行に行ってきました。

家族旅行なんでわずかな時間(合間)ですが、エギングしてきたので釣行記と、エクシブ初島について書いてみました。

釣果は・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ

初島への船とエクシブでのチープな過ごし方

実家の親戚が地方でゴルフ場を経営していて、その福利厚生の一環としてエクシブというリゾートの会員になっているのです。たまに「(家族会員分の)券余っているから使って良いよ-」なんてお話を頂くものの、なかなかチャンスも無かったのですが、我が家の家族の予定をなんとか組んで、一泊二日で行ってきました。

熱海港に車を置き、初島行きのフェリーに乗り込みます。もしお子さんが居るなら、かっぱえびせん等のお菓子を持って行くといいですよ。カモメが追っかけてきて餌付けができます。30分の船旅ですが、船酔いする娘も餌付けしている間にあっという間に到着して「船、楽しい!」って言ってくれましたし。

ちなみに初島にはコンビニがありません。商店が1店舗あるので、「お菓子買いたい」とか「菓子パン食べたい」と言ってもこの店だけです。もちろんコンビニほど品揃えも無いので、必要そうなものがあるなら「事前に買っておく」のがベスト。

昼前に着いたので、ランチは港近くの食事街へ。海鮮丼とかも魅力的でしたが、ここはイカが有名なのでイカの丸焼き定食にしました。するめいかの”わた”の味付けが絶品で、めちゃ美味かった!コレを食べにもう一回初島に来たいぐらい。

その後エクシブに移動。エクシブへは港から常時マイクロバスが出ていて、5-10分間隔ぐらいでピストン輸送してくれます。

そのエクシブ初島ですが、、、、宿泊費/部屋などになんら不満はありません。家族会員なら1.5万円ぐらいで広い部屋で泊まれます。(1部屋で1.5万円)

https://rt-clubnet.jp/hotels/xiv/hatsu/

但し夕飯等食事がそこそこ高い。

まぁ会員制リゾートに来ている人が食事代をケチるなんてことがそもそもおかしいのですが、私たちは貧乏旅行なんで(汗)

夕飯だけバイキングにして、朝食は部屋にあるポットでコーヒーだけ沸かして、あとは事前に買ってきたコンビニパンで済ませました。朝飯ビュッフェにいけば大人2000円/人ですからね。我が家は家族4人で1人小学生だから、朝食だけで7300円はどう考えてもキツイ。

夕食のバイキングも5000円/人です。ただバイキング代払っても、大人3(うち高校生1),子供1で温泉旅館泊まるよりは安いし、その上リゾートに泊まれるというメリットは大いにありました。夕食代もケチりたいという方は、弁当とか何か持ち込んで食べると良いでしょう。(それだとリゾートに来た意味がない気もしますが)

ちなみに会員にはいくつかあり、そのうちワンダーネットってやつなら、月1080円で会員になれ、エクシブ系のホテルにも泊まれるようです。もちろん宿泊料金は違うのですが、それほど高くは無い(温泉旅館並み)です。これなら私のように知人を頼る必要も無さそうです。

釣行記1日目

着いた初日は夕方から釣り開始。最初は第二堤防へ。ここは初島フィッシャリーナというエクシブ用の港。堤防の先端は釣りができるようになっていて、マイクロバスの運転手さんも釣りが趣味で「アオリなら先端ですが、内外ともに狙えますよ」と教えてくれた。フィッシャリーナへはバスで連れて行ってくれます。(帰りもOK)

と言う事で先端へ。堤防下は既に先客がいたので、テトラの外側を攻めてみます。凪だし、雰囲気満々なんですが、、、、二人で攻めても全く当り無し。

内側も、先行グレ師さんの邪魔にならならい範囲でしゃくってみますが、全く当り無し。
グレ師さんに聞いてみると「木っ端はいっぱいいるけどデカいの居ない。」と釣果も厳しい状況。

アオリが居ないようなので、「ショアジギだ!」とメタルジグ投げ倒したものの不発。じゃあ根魚だとテキサスとかジグヘッド+ワームで根魚狙ったりしましたが・・・一回も当たらない。マジで魚居ないんとちゃう?という非常にまずい雰囲気で時間切れ終了となりました。

釣行記2日目

前日の夜は「もう行かなくていいんじゃね?釣れないんじゃね?」と息子と二人で愚痴り合っていたのですが、行かずに後悔したくないと言う事で、夜明け前から出動。昨日攻めていないフェリー乗り場のある第一堤防に行ってみました。朝はバスが居ないので真っ暗な中10分かけて歩いて行きます・・・が、もうこの段階で暴風。港着いて1投げしてみますが、堤防内側まで白波立っていてイカがいる気配はゼロ。

鳥が大量にいて沖で突っ込んでいるのがみえ、ベイトが浮いている気配がある。何かかが追っかけているっぽいのですが、メタルジグが届く範囲には来ないので、ここは断念。昨日いまいちだった第二堤防へ。ここは第一堤防からすると向きが90度変わるので、なんとか風裏になるだろうと予想してまた歩いて移動。先端は風が強いので、結局堤防によって風よけになっているところでしか釣りができないという悪条件です。

だけど、それはアオリも同じ事で、「白波立っているような場所じゃなく、穏やかなここにこそアオリは居るはずじゃない?」とポジティブに息子を励ましながら釣る事に。

しかし1時間経過しても全く当り無し。「こりゃ敗北濃厚かー」って感じで時間だけが過ぎていく。正味2時間しか勝負時間は無いというのに。そのため早く結果が欲しくて昨日同様にメタルジグ、ワーム等に切り替えながらもアタリなしで時間だけがどんどん経過。

私はランガンしつつエギングに戻したのですが、しゃくりはあきらめモードで超適当にしゃくっていた。

で、しゃくり終わって糸ふけを回収して張った瞬間にじんわりと引っ張られる・・・・藻か?

と思ったけどダメ元でアワセいれると、「じーーーーーー!」っとドラグが出る!

息子と二人で「まじか!!!!」と。

引き堪能しつつ寄せてきたのは700g程度のアオリイカ!

よっしゃ!!!! めっちゃうれしい。朝一元気よくしゃくっていたのですが、「釣れねぇ」とけだるくやる気のなくしゃくっていたのががむしろイカにスイッチをいれたのかも(^_^;)

そして俄然息子はやる気モード。私はもうこれで満足。私が2ハイ釣ったら親子関係がギスギスするので私はワームとかで別の釣果を狙う。釣れた場所は立ち位置の堤防から、反対側のテトラまでの間だし、場を荒らさないようにしたいしね。

だけど40分経ってもアタリなし。「完全にラッキーだっただけやろ」と愚痴ともDisりともとれる嘆きを聞きながら「そろそろ朝飯だし、かえるかー」なんて言っていると、

きた!!!

と。そして「やばい。ドラグ出ていくー! 震えるわーこんなん」と笑いながら引き堪能。
慎重に寄せてきて、釣り上げたのは、見事キロアオリ!  自宅ではかったらジャスト1kgでした。

万が一青物とか釣れたらって取らぬ狸の皮算用で折りたたみタモ持ってきて良かった。写真ではエギの場所替えてますが、実際は触腕2本でした。よくアタリとったなぁー

完全に諦めていた2日目。わずか2時間だけの、そして暴風下の釣行でしたが最高の釣果になりました。

初島では初めての釣りで、しかもちょい釣りで結果でたことに大満足。ほんとクーラーとかタモとか一応持ってきて良かったですわ。

初島というとフェリー乗り場のある第一堤防がまずメインの釣り場となりますが、ここは貸し竿なんかもあり、素人さんとかの多いごちゃっとしたところなので、のんびり釣りがしたいなら第二堤防の方が良いですね。釣果は釣り方次第でしょうが魚へのプレッシャーはかなり緩いはずです。第一堤防でルアーマンが釣りするなら、フェリーの最終便が行った後~翌日の最初の便が来るまでが勝負じゃないでしょうか。リゾート地なんで、朝一から気合いいれて釣りする人も少ないのでお勧めですよ。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top