オピトモ

Opinion to Tomorrow

マツダ「CX-8」契約しました! 値引き含めてあらゆる心配が解消し大満足

マツダのCX-8を契約してきました!

CX-8に対する懸念を全て解消しちゃう営業マンさんに感謝

私のCX-8に対する心配事は、以前の記事でも書きましたが、以下の通り。でも全て担当営業さんが明快に解決してくれちゃいました。

アテンザの新型はでないの?

現行のGJアテンザになんら不満もない私。だから「買い換えるならアテンザ」と心に決めていたのですが、既に発売から5年を経過するから新型をそろそろ・・・・と思っていたら、北米で先に発表された現行アテンザのビッグマイナーチェンジ。

これによりフルモデルチェンジは少なくとも2年は遅れるだろうと予想し、CX-8に乗り換えようと考えたわけですが、そのあたりを担当営業さんに聞くと、

「私も予想でしか言えないが、常識的には恐らく同じ事(フルモデルチェンジは2年後以降)になると思う。レクサスとFRでプラットフォームを共通させるような噂も聞くし、他社とタッグを組むと開発が遅くなるのは仕方ないでしょう。でもレクサスと共用ならだいぶわくわくしません?もちろんマツダも凄いんですけどね(笑) 」

と、「だからCX-8買った方が良いよ」という営業トークなのでしょうが、確かにと頷ける話ではあります。

こちらの事情としても最低でも次のフルモデルチェンジが2年後となると、いまのアテンザをトータル7年乗ることになり、リセールバリューがほぼゼロになる。「こりゃ乗り換えた方が良いな」と予算決裁権のある妻と合意しました。

ナビにUSB経由で動画を見たい(運転中も)

いま乗っているアテンザは、USBメモリ経由で動画を見たりできるようにしたいため、わざわざ社外ナビを取り付けています。ロングドライブ時にDVDや動画見たりできるようにしたいので、こんな記事を書いたりして不安があったわけです。

マツダコネクトにスマホを繋げてAmazonプライムビデオを見る方法

が、CX-8はナビがマツダコネクト一択で、これがメーカー純正だけあって運転中はナビ操作、動画は絶対見れない。上の記事で書いているように機器をいくつか組み合わせて取り付ければOKそうなんですが、オートバックスみたいなところで取り付けてもらうのも工賃も掛かるし、機器自体もそこで買うから高めなんですよねぇ。でもそれしか方法ないな-・・・

なんて営業さんに聞くと「心配しないでいいです。全部私が付けますよ。必要なものの型番まで私が調べますからAmazonでもどこでも良いので安いところで買って、この営業所の私宛に送ってください。そしたら納車日までに付けちゃいます」と万全のサービス。工賃も要らないとのこと。当然全ての営業さんが同じなわけではなく「いじるの好きなんでやりますよ」という話です。ついでにアテンザに付いているレーダー探知機も強欲にお願いしてみたら「あ、いいですよー」と二つ返事。さすができる営業マン。

CX-8はアテンザ並に運転は楽しいか?

もう一つ懸念があって、背高で重くなるCX-8でアテンザ並の運転の楽しさが味わえるか?です。

我が家は以前、子供が生まれる度に、当時妻が一人で保育園に送り迎えをするという状況だったのです。駐車場の関係でスライドドアじゃないと抱っこしてチャイルドシートに乗せられなかったし。で、仕方なくミニバン(アルファード/エスティマハイブリッド)に乗っていましたが、当時運転していて常に頭によぎったのは「これはバスか!?わしゃバスの運転手か?」でした。ロールが激しく、ある程度スピードに乗っているとコーナーで揺れが大きく楽しくないと言う事でした。それだけにアテンザのディーゼルに乗って「運転楽しい-」が当たり前になっている現状から戻りたくないのです。

で、街乗りだけで30分ですが試乗してきました。

結論から言うと、アテンザほどドカンとしたパワーは伝わってこない。もっと上質なBMWのような踏めば踏んだだけパワーが出るようなイメージ。ただやはり2tの車なので若干重さは感じます。でも義妹家のCX-5のガソリンよりは遙かに良いです。

驚いたのはディーゼルの静粛性の高さ。室内にいる限り、ガソリンエンジン車と遜色ないレベルです。いまのアテンザ(ディーゼル)は私は慣れちゃったのですが、アイドリングストップからの始動での振動、運転中の騒音など、初めてor久しぶりにディーゼル車に乗るという方を載せると「うるさいねー」と言われるぐらいです。それもあって注意して音は感じるようにしていたのですが、試乗した家族全員が「静かだねー」と言うぐらい静音性は高いです。

ロールもアテンザよりは当然あるけど、CX5よりはいい。ミニバンとは比べものにならない。荒い運転してもいいと言う事で、ワインディングっぽいところをある程度アクセルふかしつつ走りましたが、SUVとしては足回りが良く踏ん張ります。オーバーもアンダーステアもせずドライバーが意図したレールを走ってくれます。営業さん曰くG-ベクタリング コントロールがよく働いてくれているとの事。結構攻めた走りはしたのですが、後ろで座っていた嫁と娘(車酔いしやすい)も、酔いとかはなかったと高評価。

結論。CX-8の運転は楽しい。気持ちよく運転できる。

値引き交渉

新車契約ではここが一番の難所ですが、我が家は一発契約しました。

かといって値引き交渉していないわけではなく、ちゃんとしてます。してますが、「値引きが一発でこちらの希望額だしてくれたら即日契約する」と過去も含めて毎回言ってます。ぶっちゃけ値引き交渉が面倒なんですよね。我々もそうですが営業さんも時間がもったいないはずで・・・店に来る、交渉する、場合によっては他店で見積もり取る、その時間がもったいない。そういう行為で5万円値引かせました的な事もできますが、いちいちそんなことするなら最初から値引いてくれればすぐ契約しますと最初に言っちゃいます。当然こちらも概算で値引き額調べてきますし、営業には言わないけど決めたボーダーラインがあるので、そこを超えられるか・・・がポイントですね。前回のアテンザの時は、若い営業さん(もう辞めてしまった)だったのですが、同じ事言って、こちらの希望額以上だしてもらいました。

果たして今回は・・・・はい。大満足でした。オプションちょびっとだけで20万円越え。グレードはLパッケージです。

アテンザの下取りも事前に予想していた額を15万円ほど上回りました。

営業さんも「どうです!ご満足頂ける額出してきました! 下取りも本来からはだいぶ上乗せしました」と。

妻がニコットした瞬間、契約が確定しました。

ここから更に、希望ナンバーだけねじ込みましたが、値引きとしては発売直後の車としては限界近くまで出して頂いていると思います。もちろんこれはアテンザに5年乗っているから「今後もマツダユーザーとして、そしてCX-8の後はアテンザも乗ってくれる(だろう)から」というのもあっての値引きです。もちろん私もそのつもり。

感想

いやいや、契約まで中身の濃い2時間でした。

ディーラーには予約せずに行き、「とりあえずどんなものか」を見に行っただけではあるものの、妻と私は見積もりもしてもらうつもりだったし、「車に惚れれば価格次第では決める」という覚悟はありました。

そういう意図をちゃんと酌み取って、流れるように契約までもっていくマツダのベテラン営業さん。最高です。

車を購入するという事は値引きも含めて様々な交渉事も入るので、客とは言えこちらもだいぶ身構えるわけですが、契約までの時点で全く不安・不満無しというのは、気持ちの良いことです。

納車は3月頃という予定です。

とにかく楽しみです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top